10月27日(金)「匂い袋作りと聞香体験講座」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

最近体験した衝撃的なこと

伝統的に伝わっている香り

日本の伝統的な文化,

香木、伽羅を香炉で薫り香りを楽しませていただきました。

 

脳に直接香りが伝わり、頭がすっきりしてきます。浄化された感覚と余韻の残る至福の感覚です。

 

その香木は現在とても希少なもので香司の石井映子さんも手に入りにくいそうです。

 

香木にまつわる歴史は非常に面白く

いつまでも聞いていたいほど。

香りをぜひ皆様に体験していただき、日本の素晴らしい伝統文化を継承していきたいと思います。

 

今回は

天然香原料を使用した布製の匂い袋3つ、和紙製の文香をいくつか参加者に作って頂いたあと電子香炉を使って聞香用の高品質な沈香と伽羅を数種薫き,

香りを楽しんでいただきます。

 

13:00~  お香についてのお話と香原料の説明と香りの確認

 

14:00~  香原料を使って布製の香り袋3つと和紙製の文香を3,4こ作る

 

15:30~  聞香用の沈香と伽羅を数種聞いていただきます。

 

香司   石井映子さん  リンデンバウムのブログ(添付できず検索願います)

日時   10月27日(金)

定員   7名

参加費  6000円

お茶菓子付(石井先生のご厚意により)

場所  素食Cafe Sara  カミカワまで   044-333-8801

 

MICHIKO KAMIKAWA の紹介

オーナーの上川 美智子です。こんなに豊かなのに味気ないと思われている玄米菜食を楽しんで食べていただけるよう頑張っています。 そしてもう一つの顔。 自然療法のエキスパートになるべく日々勉強しております。自身の乳がんを自身で癒した経験を基に精神面、スピリチャル、自ら治る力を立ち上げる自然療法をお伝え実際に自分でできるようにお教えしています。まずは体験してみること、をお勧めします。 私がここまで来れたのはまずやってみる!事に徹してきたからです。 自然療法の手当の心地よさを一人でも多くの方に味わっていただけたらと思います。

コメントは受け付けていません。